こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    <サッカー日本代表>W杯予選イラク戦 2-1で勝利[毎日新聞]

     6日行われた2018年サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組の日本代表対イラク戦。前半リードした日本は後半同点に追いつかれたが、後半アディショナルタイムに山口がゴールを決め、2-1で勝利した。

     前半の序盤は一進一退の攻防が続いた。イラクは3分、サードのヘディングシュートが右ポストに嫌われた。日本は11分に清武がミドルシュートを放ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。そして、徐々に好機を演出し始めた日本は26分、清武のクロスに先発起用の原口が右ヒールで合わせて、相手GKの股を抜く鮮やかなゴールを決め、先制した。

     しかし、後半15分、イラクはY・アハメドのフリーキックをサードが頭で合わせて、ゴールを決めて同点に追いついた。その後、日本は、浅野、小林らを相次いで投入。イラク陣内に攻め入った。そして、試合終了間際、途中出場の山口が強烈なミドルシュートを決め、逃げ切った。対戦成績は、日本の7勝3敗2分け。

     最終予選は12カ国が2組に分かれて来年9月までホームアンドアウェー方式で戦う。アジアのW杯出場枠は4.5。最終予選で各組1位か2位になれば、本大会出場権を獲得する。残る0.5枠は各組3位同士がプレーオフを行い、勝者は北中米カリブ海予選4位とW杯出場をかけた大陸間プレーオフに臨む。【デジタル編集部】


    ソースhttp://urx.red/yQcY
    やったー!


    hotaru
    楽天

    【韓国の反応:その①:サッカー日本代表、山口蛍の決勝ゴールでイラク代表に劇的勝利】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    “中東の笛”心配なし イラク戦主審は3連勝中の韓国人・金東進氏[スポニチアネックス]

     ◇W杯アジア最終予選 日本―イラク(2016年10月6日 埼玉)

     今回は“中東の笛”の心配はなさそうだ。6日のW杯アジア最終予選イラク戦の主審は韓国の金東進(キム・ドンジン)氏(43)が務める予定。

     金氏は国際Aマッチの主審デビューが05年東アジア杯の日本―中国戦(2―2)だった。日本代表はその後、同氏が主審を務めたW杯予選で3連勝中と相性も良さそうだ。


    ソースhttp://urx.red/yPjo
    どうなるだろうか


    syusin

    syusin2
    楽天

    【韓国の反応:サッカー日本代表対イラク代表戦の主審は韓国人の金東進氏】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ