こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    今季リーグ戦無敗対決はトッテナムに軍配! クリーンシートでペップ・シティの連勝をストップ[theWORLD(ザ・ワールド) ]

    セルティック戦から2試合で5失点のシティ

    2日にプレミアリーグ第7節が行われ、トッテナムとマンチェスター・シティが対戦した。今季のリーグ戦では、いまだ黒星のない両チーム。トッテナムはFWハリー・ケインを、シティはMFケビン・デ・ブライネを負傷で欠く中行われた一戦である。

    トッテナムボールでキックオフされると、試合は9分に早くも動く。トッテナムDFダニー・ローズが左サイドからアーリークロスをゴール前へ入れると、シティDFアレクサンダル・コラロフがクリアミス。このボールが自陣ゴールに吸い込まれ、まさかのオウンゴールでトッテナムが先制に成功した。

    一進一退の攻防を見せる両チームだが、37分にトッテナムが追撃に成功する。ペナルティエリア手前からソン・フンミンがゴール前へ走り込んだデル・アリへは絶妙なスルーパスを入れる。このボールをアリがゴール左へ流し込み、リードを2点に広げた。前半はこのまま終了。トッテナムがシティを相手に2-0で試合を折り返した。

    後半に入ると、トッテナムが試合を決定づけるために3点目を狙いに行く。すると、64分にアリがペナルティエリア内でファウルをもらい、PKを得る。しかし、エリック・ラメラが放ったシュートはクラウディオ・ブラーボにセーブされ、トッテナムはリードを広げることができなかった。

    その後、シティが得点を奪うために猛攻を仕掛けるが、トッテナムのゴールネットを揺らすことができずに試合終了のホイッスル。トッテナムが2-0で勝利し、6連勝中だったペップ・シティに初黒星をつけた。

    [スターティングメンバー]
    トッテナム:ロリス、ウォーカー、アレデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ローズ、シソコ(→ダイアー 72)、ワニャマ、エリクセン、アリ(→エンクドゥ 85)、ラメラ、ソン・フンミン(→ヤンセン 90)

    マンチェスター・シティ:ブラーボ、サバレタ、オタメンディ、ストーンズ、コラロフ、フェルナンド(→ギュンドアン 53)、フェルナンジーニョ、ナバス(→イヘアナチョ 65)、シルバ、スターリング(→サネ 87)、アグエロ

    [スコア]
    トッテナム 2-0 マンチェスター・シティ

    [得点者]
    トッテナム:オウンゴール(9)、アリ(37)


    ソースhttp://qq4q.biz/yKt2
    安定してますねー


    sonfu


    楽天

    【韓国の反応:ソン・フンミン、強豪シティ戦でアシスト。トッテナムの勝利を導く。韓国のサッカーファンも大歓喜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    韓国メディアも久保建英の才能に注目! “神童”イ・スンウと比較し「天才FW」と称賛[Football ZONE web]

    AFC U-16選手権での活躍は「2年前のイ・スンウの時と似ている」
     
     インドで開催されているAFC U-16選手権でベスト4に進出し、2大会ぶりにU-17ワールドカップ(W杯)出場権を手にした日本だが、攻撃陣の中心として輝きを放つFW久保建英(FC東京U-18)の活躍は、“永遠のライバル”韓国でも話題になっているようだ。大手スポーツ紙「スポーツソウル」は、9月26日付けの記事で「2年前のイ・スンウのように……。日本サッカーを鷲づかみにした“天才FW”久保」との見出しをつけて、圧巻のパフォーマンスを讃えている。

     記事の冒頭では、韓国サッカー界が誇る18歳の神童を引き合いに出しながら、今大会での久保の活躍ぶりを紹介している。

    「日本サッカーが15歳の有望株の急成長ぶりに沸いている。2年前、韓国がイ・スンウの活躍に驚きを隠せずにいた時と似ている」

     イ・スンウは現在、FCバルセロナの下部組織でプレーする“韓国のメッシ”と呼ばれる選手。その活躍ぶりは韓国でもよくニュースになるが、AFC U-16選手権の開催期間中に、しかも韓国がグループリーグで敗退し、U-17W杯出場権を逃したばかりのこのタイミングで、久保と比較する記事が出るのは珍しい。 


    「久保がいることで…」と神童の言葉も紹介

     同紙はUAE戦に勝利した日本代表が、来年インドで開催されるU-17W杯出場権を獲得したことと同時に、「167センチの久保はグループリーグ1、2戦目で2ゴール1アシストを記録し、1歳上の先輩たちをむしろ引っ張る存在になっている」と評価している。

     また、同紙は久保について「久保はイ・スンウのようにFCバルセロナユースで育った。しかしFIFAが定める未成年登録選手の規定違反に引っかかり、昨年バルセロナを退団。その後、JリーグのFC東京U-18に所属している」と近況を紹介。「将来性があり、技術が高く、すぐにでもトップチームで活躍するだろう」と分析している。

     さらに興味深いのが、イ・スンウも久保の成長を見守っているというのだ。イ・スンウ関係者のコメントを紹介し、「イ・スンウは『久保がいることで韓国サッカーは頭を悩ますかもしれない』と話していた」との言葉で締めくくっている。


    ソースhttp://qq4q.biz/yKly
    http://qq4q.biz/yKlz
    期待大 


    kubobo
    楽天

    【韓国の反応:U16サッカー日本代表の久保建英に注目する韓国メディア】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ