こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本人3人はCL出番なし…ドルト香川はJ復帰が生きる道か[日刊ゲンダイDIGITAL]

     欧州でプレーする日本代表主軸組のドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)、セビリアMF清武弘嗣(26)が、日本時間28日午前3時45分開始の欧州チャンピオンズリーグ(CL)で2戦連続の出番なしに終わった。

     3人の中で最も焦燥感にさいなまれたのは、ベンチメンバーにも入れなかった香川だろう。

     地元ドイツにスペインの名門レアル・マドリードを迎え撃ったドルトムント。MFゲッツェ、FWデンベレの新加入選手が先発して好連係を見せれば、後半途中出場の19歳FWエムレ・モルが存在感をアピールする。

     終了間際には、後半28分に登場した17歳MFプリシッチが、右サイドを鋭くドリブル突破してクロス。同13分交代出場のMFシュールレが強烈シュートを叩き込み、値千金の劇的同点弾。香川とポジションを争う攻撃系選手5人が持ち味を発揮し、難敵相手に貴重な勝ち点1を獲得した。

     ドルトムントはレアル戦の前に「中2日で4連戦」の強行軍。それでも計20ゴールと攻撃陣が本領を発揮して4連勝を飾った。その4戦すべてベンチスタートだった香川は、17日の国内リーグ戦の後半途中から「27分」しかプレーしていない。

     そしてベンチ外に終わったレアル戦――。ドルトムントに居場所がなくなり、もはやJリーグに出戻って心機一転、巻き返すしかないだろう。

     ポルトガルの強豪ポルトと地元で対戦したレスター。大黒柱FWバーディと2トップのコンビを組んだ新加入FWスリマニが、前半25分にヘディングで決めたゴールが決勝点となった。後半37分以降はMFキングとFWグレイが、そしてアディショナルタイムにはFWムサがピッチに送り込まれ、ついに岡崎にはお呼びが掛からなかった。

    「どの攻撃系選手と一緒にプレーしても、彼らの良さを引き出すことができる」と岡崎は豪語しているが、単純に個人能力を比べられてベンチウオーマーとなっている。

     日本代表では不動のレギュラーFW岡崎も、その立ち位置はかなりヤバくなってきている。

     今季からセビリアに加入した清武は、リーグ戦2試合で出場機会に恵まれず、この日のリヨン戦もベンチウオーマーに甘んじ、やはり今季加入組で同タイプの技巧派MFナスリの活躍を指をくわえて見守るばかり。現状は上がり目なしである。


    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04 
    ゲンダイクオリティー


    kagawaa
    楽天

    【韓国の反応:香川真司はJリーグ復帰が生きる道?日本メディアが報じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    マインツ武藤嘉紀が先制ゴール 欧州L[日刊スポーツ]

    <欧州L:ガバラ2-3マインツ>◇1次リーグC組◇29日◇ガバラ

    日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは、アウェーでガバラ(アゼルバイジャン)と対戦した。

    先発出場した武藤は0-0の前半41分に先制ゴールを決めた。
    武藤は後半39分に交代した。

    試合は3-2でマインツが勝利した。 

    ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000004-nksports-socc

    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    ケガが残念


    mutooo


    楽天


    【韓国の反応:武藤嘉紀、ヨーロッパリーグ初ゴール。マインツはガバラに逆転勝利】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ