元祖ホン・ミョンボチルドレンのチョ・ヨンチョル、「韓日戦は勝たなければならない」

[スポタルコリア]ホン・ミョンボチルドレンがおよそ2年ぶりにA代表に戻ってきた。Jリーグ大宮アルディージャで活躍しているチョ・ヨンチョル(24)である。チョ・ヨンチョルは11日に発表されたホン・ミョンボ1期メンバーに含まれた。去る2011年9月5日クウェートとの2014ブラジルワールドカップ3次予選第2戦以来1年10ヶ月ぶりに代表の一員になった。彼は20日から始まる2013東アジアカップでホン・ミョンボ韓国代表のサイド攻撃を担当する予定である。実際にチョ・ヨンチョルの先発は予想される。

 チョ・ヨンチョルは、現在Jリーグで活躍中の韓国選手の中で最も優れた活躍を広げている。1ゴール3アシストのみだが、数字にならない攻撃貢献で大宮をJリーグ首位へ導いている。現在のJリーグ1位チームのスタメン攻撃選手を代表に選抜しない理由がない。チョ・ヨンチョルはホン・ミョンボ監督の愛弟子でもある。

 2009年U-20代表の時からホン・ミョンボ監督の指導を受けた。昨年のロンドン五輪本大会には出なかったが、U-20ワールドカップ、広州アジア大会、オリンピック予選で攻撃の一つの軸として重用された。ホン・ミョンボ監督はチョ・ヨンチョルの長所と短所を理解しており、現在の良いパフォーマンスをチェックしただけに、中国、日本、オーストラリアを相手にチョ・ヨンチョルが活気を吹き込んで欲しいと思う。

 久しぶりに韓国代表に戻るチョ・ヨンチョルは、「スポタルコリア」とのインタビューで、「久しぶりだから一生懸命プレーするという考えだけだ」と述べた。チョ・ヨンチョルは、東アジアカップで特に日本戦を狙っていた。去る2011年8月、日本に0-3で敗れた札幌ショックの経験にも一役買った。彼は、「日本選手たちをよく知っている。日本とするときは、感慨が格別だ。そのため、日本との試合はすべて勝たなければならない」と闘志を燃やした。

WS000003
ソースhttp://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=soccer&ctg=news&mod=read&office_id=139&article_id=0002002127&m_url=%2Fcomment%2Fall.nhn%3Fgno%3Dnews139%2C0002002127
・意訳、一部引用です。
 


韓国ネット反応


・イ・ソクヒョン 「なぜお前が選ばれている」
共感74非共感15 





・チョ・ヨンチョルを見て失望したこともあるが、また選ばれることを見ると、彼にとって正しい監督はホン・ミョンボだったと思うよ
共感66非共感25





・当然の言葉だ
共感41非共感4 





・Kリーグでよくやっている若い有望な人たちは本当に多い。それなのに、Jリーグでプレーする選出たちをなぜ抜いたのか理解できないね。いっそKリーグの有望な選手たちに機会を与えるべき
共感17非共感4





・ 日本戦はジャンケンしてでも勝たなければならない!
共感7非共感0





・これにより、ホン・ミョンボが東アジアカップに若い選手を呼ぶということは嘘になりました。若い選手ならKリーグの有望株を使わなくちゃ。なぜJリーグのベンチにいる選手とヨム・ギフンを抜くのか。ファンソクホ、キム・ミンウ、チョ・ヨンチョルはあまり良くないのに、ホン・ミョンボの人脈で選ばれた選手たち
共感12非共感8 





・意欲は良い
共感7非共感3 





・本当に期待していない。今後さらに発展する可能性のない選手をなぜ選んだのか?チョ・ヨンチョルとキム・ミヌ。キム・ミヌは、すでに以前に身長やフィジカル的な限界を感じサイドバックになった。フィジカルが弱いJリーグだからプレーできるんだ
共感4非共感2 





・ヨンチョルお願いしますよ。ファイティング!
共感6非共感4





・グアム戦で1試合10ゴール入れた君か
共感5非共感4 





・今回はキム・ミヌ、キム・ジンス、ファンソクホ、チョ・ヨンチョルが意外。チョ・ヨンチョルは今回頑張って評価をちょっと変えてみよう!
共感7非共感6 





・今回の代表で一番期待している選手はキム・ミヌ、ユン・イルロク、チョ・ヨンチョル選手です。^ ^どのように変わったのか?
共感5非共感6 





・所属チームでもあまり出ていないいくつかのJリーガーが選ばれたのは何かおかしい。しかし、チョ・ヨンチョルは、選ばれて当然。Jリーグ1位チームの実質的エースだ。JリーグがKリーグよりも優れているとは言えないが。チョ・ヨンチョルも今までエリートコースを歩んできた。高校時代には、既存の得点記録を塗り替えたモンスターだった
共感5非共感7
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク