こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    リオ五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    シン・テヨン監督、「シード分けは意味が無い」、簡単な相手はいない[スポーツ朝鮮]


    以下、シン・テヨン監督の発言を抜粋


    シン・テヨン監督「どのシードに入っても、フィジー以外は全て強豪チームである。優しい相手は、いない。シード分けに、大きな意味はない」


    ソースhttp://sports.media.daum.net/sports/soccer/newsview?newsId=20160401063019791

    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    なにかと話題になる監督

     
    teyon

    楽天

    【韓国の反応:U23サッカー日本代表がリオ五輪の第1シード・・・U23韓国代表監督「シードに意味は無い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    <五輪サッカー>日本、韓国おさえて第1シードに…韓国は第2シード[中央日報日本語版]

     リオデジャネイロオリンピック(五輪)に向かう韓国サッカー五輪代表チームが組み合せ抽選に先立ち第2シードに振り分けられた。日本は第1シードだ。

     日本のサッカーメディアは31日(日本時間)、日本サッカー協会関係者の言葉を引用して来月14日午後10時30分に開かれるリオ五輪の組み合わせ抽選のシード分けが発表されたと伝えた。韓国はホンジュラス、ナイジェリア、イラクとともに第2シードだ。

     第1シードには開催国のブラジルとあわせてアルゼンチン、メキシコ、日本が入った。第3シードにはスウェーデン、フィジー、ポルトガル、南アフリカ共和国が、第4シードにはコロンビア、ドイツ、デンマーク、アルジェリアが入った。

     日本メディアの報道によると、今回のシード分けはFIFA(国際サッカー連盟)ランキングではなく過去の五輪成績と予選成績が反映された。アルゼンチンは2004年と2008年の五輪大会で金メダル2連覇、メキシコは2012年ロンドン五輪の金メダルに力づけられてトップシードに入った。日本はロンドン五輪4位の記録とあわせてことし1月に開かれたアジアサッカー連盟U-23(23歳以下)チャンピオンシップの優勝で、韓国をおさえ第1シードに入った。


    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    いいぞ!


    teyon

    楽天

    【韓国の反応:U23サッカー日本代表、リオ五輪の第1シードに・・韓国は第2シード「日韓戦で日本に負けたから・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    サッカーU―23代表、強豪メキシコに競り勝つ[産経新聞]

     リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU―23(23歳以下)日本代表は25日、ポルトガルのリオマイオールでU―23メキシコ代表と国際親善試合を行い、2―1で競り勝った。

     日本は2分に中島、33分には南野がゴールを決め、2012年ロンドン五輪金メダルの強豪の反撃を1点でしのいだ。


    <五輪サッカー>韓国、2-0でアルジェリアに勝利[中央日報日本語版]

    申台龍(シン・テヨン)監督が率いるサッカー韓国オリンピック(五輪)代表がアルジェリアを撃破した。

    U-23(23歳以下)韓国代表は25日、利川(イチョン)総合運動場でアルジェリア五輪代表と親善試合を行い、権昶勲(クォン・チャンフン)と文昶辰(ムン・チャンジン)のゴールで2-0で勝利した。

    前半の早い時間に韓国は先制ゴールを決めた。前半3分、パク・ヨンウのロングパスを受けた権昶勲(クォン・チャンフン)が左足でシュートし、ゴール右隈に決めた。

    その後も韓国の攻勢は続いた。前半21分と24分にもチャンスを作った韓国は前半30分、右サイドからの権昶勲のパスを受けた文昶辰が強力な左足シュートで放ち、ボールはゴール左隈に吸い込まれた。

    2-0とリードした韓国は後半、チェ・ギョンロク、陳成ウク(チン・ソンウク)を投入して変化を与え、アルジェリアを終始圧倒する印象的な姿を見せた。後半は得点がなかったが、五輪への期待を高める試合内容だった。

    韓国は28日午後7時、京畿道高陽(コヤン)総合運動場でアルジェリアと第2戦を行う。

    ソースhttp://bit.ly/1ZW1qI6
    http://bit.ly/1ShbP04
    南野のゴールすごかったー


    nakajima

    楽天

    【韓国の反応:U23サッカー日本代表、メキシコに勝利。U23韓国代表はアルジェリアに勝利。韓国ネット「日韓戦の敗戦がまだ記憶に・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    手倉森監督OA枠活用示唆も…Jクラブ拒否反応[東スポWeb]

    2月16日(火)6時0分

     リオデジャネイロ五輪出場を決めたU―23日本代表の手倉森誠監督(48)は本大会で24歳以上の選手3人を登録できるオーバーエージ(OA)枠の活用を示唆している。メダル獲得へ向けて「ベストチーム」を編成する方針だが、Jリーグは8月の五輪期間中も中断されない。このため、Jクラブ側は事前合宿を含め1か月以上も主力選手を拘束されるOAに対し、拒否反応を示している。

     手倉森監督は「メダルを取る確率を高めていくなかで何らかの変化が必要と感じるならば(OA枠を)使いたい」と話している。1968年メキシコ五輪銅メダル以来となる男子のメダル獲得に向け、OA枠での戦力アップは必要不可欠と判断したようだが、実現は微妙な情勢だ。

     五輪OAに関しては日本サッカー協会に拘束力がないため、選手を供出するクラブの了解が必要となる。現時点で選手の五輪派遣に消極的な欧州クラブから了解を取り付けるのは困難なため、Jクラブからの選出が基本線。しかし、在京J1クラブ関係者は「Jリーグが普通にやっているなかで、簡単に(OA選手を)出せるところはあるんですかね」と疑問を投げかける。

     特にOA選手は即戦力が絶対条件。Jクラブでスタメンを張る主力選手が有力な候補となる。しかもJリーグは五輪期間中も中断しないため、別の在京J1クラブ関係者は「(OAは)主力が1か月くらいいなくなって、その間にチームの成績が落ちてしまったらどうするのか。(成績不振で)監督がクビになることだってある」と反発の声を上げた。

     例えばJ1川崎。五輪アジア最終予選を兼ねるU―23アジア選手権(1月、カタール)に出場したMF大島僚太(23)、MF原川力(22)、DF奈良竜樹(22)が五輪メンバー入りした上で、3年連続J1得点王のFW大久保嘉人(33)がOAに選ばれたら戦力低下は明らか。大久保が狙う4年連続得点王にも影響するのは間違いない。また、2年ぶりのリーグ制覇を目指すJ1G大阪もFW宇佐美貴史(23)が抜けるのは大きな痛手。V奪還をもくろむJ1浦和も守備の要となるDF槙野智章(28)の不在は避けたいところだろう。

     そんななか、19日に行われるJクラブの強化担当者会議で、日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(49)がOAについての協力要請と説明を行う。同委員長は「Jクラブと下交渉? 一切してません。Jクラブがどう思っているのかもわからないんで」と困惑気味に話す。

     A代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)も、9月から始まるロシアW杯アジア最終予選を前にしての代表主力のOA選出に難色を示すと見られており、会議は紛糾しそうな雲行き。果たして“落としどころ”はあるのだろうか。 

    ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000004-tospoweb-socc


    リオ五輪でOA活用を決断!霜田委員長が明言 4月中にも人選[デイリースポーツ]

    2月20日(土)6時59分

     日本協会の霜田正浩技術委員長(49)は19日、リオデジャネイロ五輪本大会で24歳以上の選手を最大3人まで登録できるオーバーエージ(OA)枠について、「最強のチームをつくるために使う方向で考えている」と活用を明言した。Jリーグの強化担当者会議で各クラブの了承を得た。

     OA選手の派遣手続き締め切りは6月10日で、Jクラブ側からは早ければ4月中にもOAの人選を求める声も上がっている。

     五輪本大会への選手派遣は12年ロンドン五輪同様に1クラブ3人までの人数制限を設けることも決まった。


    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    http://bit.ly/1ZW1qI6
    北京五輪の時はクラブ側の招集拒否があったけど、さすがに今後はもう無いのかな

    WS000001

    楽天

    【韓国の反応:U23サッカー日本代表、OA枠活用も・・・Jリーグのクラブが拒否反応?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    (朝鮮日報日本語版) サッカー:世界最年長のプロ選手・カズの挑戦

      サッカーのオールドファンなら、1993年にカタール・ドーハで行われたワールドカップ(W杯)米国大会アジア最終予選の韓日戦を忘れられないだろう。韓国は格下だった日本に0-1で痛い負けを喫した。

     その時、決勝ゴールを決めたのが日本代表のFWだった三浦知良だった。

     その三浦は今も現役選手としてピッチに立っている。今月中に満49歳、数え年で言えば50歳だ。23年前の韓日戦で共にプレーした洪明甫(ホン・ミョンボ)杭州緑城監督よりも2歳、徐正源(ソ・ジョンウォン)水原サムスン監督よりも3歳上。三浦は現在、日本プロサッカーJ2リーグ・横浜FCのユニホームを着ている。

     三浦が今、再び注目されている。今年8月のリオデジャネイロ五輪出場の意思を表明したからだ。「オーバーエージ(24歳以上)枠での五輪出場を望んでいるか」という日本のメディアの質問に、三浦は「何よりも大切なのは夢を失わないこと。第2の故郷ブラジルでかっこよくプレーしたい」と答えた。

     日本サッカー界におけるブラジル留学第1世代で、誰よりもブラジルをよく知っている三浦を生かさない手はない、という声もある。三浦と同じ1967年生まれの手倉森誠・五輪日本代表監督は「経験豊かなので手伝ってもらいたい」と語った。一部日本メディアは、三浦に五輪代表コーチを任せるべきだと主張している。だが、三浦は現役選手として五輪の舞台に立ちたいという意向を明らかにした。

     「カズ」の愛称で知られる三浦は、1986年にブラジル・サントスでプロ選手生活を始め、プロのキャリアだけで31年目になる。昨年6月には水戸ホーリーホック戦でゴールを決め、日本プロサッカー史上最高齢得点記録を立てた。三浦は「僕の得点記録が注目されることは分かっているので、ピッチで1分でも長くゴールを目指し走る」と話している。

     三浦は日本代表として89試合で55ゴールを入れ、日本のAマッチ得点2位という記録を持っている。しかし、W杯本選にはまだ一度も出場したことがない。この無念を五輪で晴らしたいというのがベテランの夢だ。


    カズ直訴 U23日本代表・手倉森監督にOA枠で「呼んでください!」[デイリースポーツ ]
    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    http://bit.ly/1Ksk9ZS
    カズさん、カッコイイっす


    WS000001

    楽天

    【韓国の反応:三浦知良「いつでも(五輪代表に)呼んでください!」とU23手倉森日本代表監督にOA枠での出場を直訴】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ