こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ノリさん、韓国とドローに終わり「なかなか勝たせてくれない」[サンケイスポーツ]

      サッカー女子リオデジャネイロ五輪最終予選(2日、日本1-1韓国、金鳥スタ)初戦の豪州戦で1-3と完敗した日本代表「なでしこジャパン」は、第2戦の韓国相手にも勝ち切れず、1-1ドロー。2戦で勝ち点1と厳しい立場に追い込まれた。

     佐々木監督は「今日は、勝負にいっていたんですけど、なかなか勝たせてくれない。他力になりますけど、最後まで、なでしこのサッカーをやるしかない」と厳しい表情で試合を振り返った。

     「選手は(豪州戦から)切り替えて前向きにやってくれた。うまい具合に結果が出せなくて、選手にもみなさんにも申し訳ない」と無念そうだった。


    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    勝ちたかった・・・


    WS000002

    楽天

    【韓国の反応:サッカー女子日本代表、岩渕真奈が先制ゴールも韓国代表に痛恨ドロー。五輪アジア最終予選:なでしこジャパン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    なでしこ初戦黒星で5位スタート 首位はオーストラリア、2位に中国[デイリースポーツ]

     「サッカー女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選、日本1-3オーストラリア」(29日、キンチョウスタジアム)

     6チームの1回戦総当たりで行われる予選の初戦3カードが終わり、1-3でオーストラリアに敗れた日本は5位となった。首位は日本に勝ったオーストラリア。同じ勝ち点3、得失点差2の中国が総得点の差で2位につけている。初戦を1-1で引き分けた韓国と北朝鮮が3位。日本を挟み、ベトナムが最下位となっている。今回の予選は上位2チームにリオ五輪出場権が与えられる。


     【第1節結果】

     オーストラリア1-3日本

     韓国1-1北朝鮮

     中国2-0ベトナム


    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    残念すぎる


    japan

    楽天



    【韓国の反応:サッカー女子日本代表、オーストラリアに敗戦し黒星発進。五輪アジア最終予選:なでしこ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    手倉森監督OA枠活用示唆も…Jクラブ拒否反応[東スポWeb]

    2月16日(火)6時0分

     リオデジャネイロ五輪出場を決めたU―23日本代表の手倉森誠監督(48)は本大会で24歳以上の選手3人を登録できるオーバーエージ(OA)枠の活用を示唆している。メダル獲得へ向けて「ベストチーム」を編成する方針だが、Jリーグは8月の五輪期間中も中断されない。このため、Jクラブ側は事前合宿を含め1か月以上も主力選手を拘束されるOAに対し、拒否反応を示している。

     手倉森監督は「メダルを取る確率を高めていくなかで何らかの変化が必要と感じるならば(OA枠を)使いたい」と話している。1968年メキシコ五輪銅メダル以来となる男子のメダル獲得に向け、OA枠での戦力アップは必要不可欠と判断したようだが、実現は微妙な情勢だ。

     五輪OAに関しては日本サッカー協会に拘束力がないため、選手を供出するクラブの了解が必要となる。現時点で選手の五輪派遣に消極的な欧州クラブから了解を取り付けるのは困難なため、Jクラブからの選出が基本線。しかし、在京J1クラブ関係者は「Jリーグが普通にやっているなかで、簡単に(OA選手を)出せるところはあるんですかね」と疑問を投げかける。

     特にOA選手は即戦力が絶対条件。Jクラブでスタメンを張る主力選手が有力な候補となる。しかもJリーグは五輪期間中も中断しないため、別の在京J1クラブ関係者は「(OAは)主力が1か月くらいいなくなって、その間にチームの成績が落ちてしまったらどうするのか。(成績不振で)監督がクビになることだってある」と反発の声を上げた。

     例えばJ1川崎。五輪アジア最終予選を兼ねるU―23アジア選手権(1月、カタール)に出場したMF大島僚太(23)、MF原川力(22)、DF奈良竜樹(22)が五輪メンバー入りした上で、3年連続J1得点王のFW大久保嘉人(33)がOAに選ばれたら戦力低下は明らか。大久保が狙う4年連続得点王にも影響するのは間違いない。また、2年ぶりのリーグ制覇を目指すJ1G大阪もFW宇佐美貴史(23)が抜けるのは大きな痛手。V奪還をもくろむJ1浦和も守備の要となるDF槙野智章(28)の不在は避けたいところだろう。

     そんななか、19日に行われるJクラブの強化担当者会議で、日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(49)がOAについての協力要請と説明を行う。同委員長は「Jクラブと下交渉? 一切してません。Jクラブがどう思っているのかもわからないんで」と困惑気味に話す。

     A代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)も、9月から始まるロシアW杯アジア最終予選を前にしての代表主力のOA選出に難色を示すと見られており、会議は紛糾しそうな雲行き。果たして“落としどころ”はあるのだろうか。 

    ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000004-tospoweb-socc


    リオ五輪でOA活用を決断!霜田委員長が明言 4月中にも人選[デイリースポーツ]

    2月20日(土)6時59分

     日本協会の霜田正浩技術委員長(49)は19日、リオデジャネイロ五輪本大会で24歳以上の選手を最大3人まで登録できるオーバーエージ(OA)枠について、「最強のチームをつくるために使う方向で考えている」と活用を明言した。Jリーグの強化担当者会議で各クラブの了承を得た。

     OA選手の派遣手続き締め切りは6月10日で、Jクラブ側からは早ければ4月中にもOAの人選を求める声も上がっている。

     五輪本大会への選手派遣は12年ロンドン五輪同様に1クラブ3人までの人数制限を設けることも決まった。


    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    http://bit.ly/1ZW1qI6
    北京五輪の時はクラブ側の招集拒否があったけど、さすがに今後はもう無いのかな

    WS000001

    楽天

    【韓国の反応:U23サッカー日本代表、OA枠活用も・・・Jリーグのクラブが拒否反応?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ハリル監督、未招集のハーフナーを3月W杯予選招集へ[スポーツ報知]

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が、欧州組を視察。ハリルジャパンで未招集のFWハーフナー・マイク(28)=オランダ1部デン・ハーグ=の招集を示唆した。

     日本協会が8日、欧州視察しているハリル監督のコメントを発表した。同監督は6日にオランダ入りし、デン・ハーグ-ローダJC戦を視察。「これまで映像で試合も見ていましたし、コーチが視察に行って見ていましたが、私自身は今回初めて実際に彼のプレーを見ました。そして、試合後本人にも直接会って話をし、彼の向上心、そして代表に対する気持ちを確認できました」とハーフナーを高評価。「ポジションは誰にも約束されてないので競争はありますが、マイク選手の高さを活かせれば、代表にとっても新しいオプションになるので、今後のチャンスをモノにしてほしいと思います」と、早ければ来月のW杯2次予選(24日・アフガニスタン戦、29日・シリア戦)での招集、起用を示唆した。

     ハリル監督はまた、翌7日にイタリア入りし、ACミランFW本田圭佑(29)のウディネーゼ戦(1△1)をスタンドで観戦。インテルDF長友佑都(29)のベローナ戦(3△3)をテレビ観戦し、試合後には2人と食事をして意見を交わしたという。

     「経験のある彼らとチームの次のステップに向けての良いコミュニケーションが取れて満足しています」とハリル監督。今後も欧州で引き続き視察活動を続ける予定だという。


    WS000003

    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    http://bit.ly/1Ksk9ZS
    好調ハーフナー


    【韓国の反応:日本代表ハリルホジッチ監督、ハーフナー・マイク初招集を示唆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    FIFAランク、日本はW杯後最低タイの58位…ベルギーが4カ月トップを維持[SOCCER KING ]

     FIFA(国際サッカー連盟)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。

     日本代表は前回から5つ下げてブラジル・ワールドカップ後最低タイの58位となった。アジア最上位は前回から1つ下げたイランが44位でトップをキープ。2つ下げた韓国は53位でアジア2番手を維持、20上げたサウジアラビアが55位で続き、日本はアジア4番手に下がった。また、UAEが1つ下げて65位、オーストラリアが9つ下げて68位で続いている。

     なお、ロシア・ワールドカップ アジア2次予選で日本と同じグループEの各国は、シリアが前回と変わらず125位、シンガポールが1つ上げて148位、アフガニスタンが1つ下げて154位、カンボジアも2つ下げて183位となった。

     また、6月に開催される「キリンカップサッカー2016」に出場する3カ国は、前回から1つ上げたボスニア・ヘルツェゴヴィナが21位でトップ。2つ上げたデンマークが40位で続き、日本は3番手となっている。3つ下げたブルガリアが75位で4番手となった。

     上位陣では11月以降FIFAランキング1位に立っているベルギーがトップをキープ。それ以下、2位のアルゼンチンから18位のクロアチアまで順位に変動がなかった。

     その他の大陸では、9つ下げた28位のコートジボワールがアフリカ勢のトップ。北中米カリブ海勢は1つ上げて22位になったメキシコが最上位となった。

    ■トップ10
    1位 ベルギー
    2位 アルゼンチン
    3位 スペイン
    4位 ドイツ
    5位 チリ
    6位 ブラジル
    7位 ポルトガル
    8位 コロンビア
    9位 イングランド
    10位 オーストリア

    ■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
    2014年8月 44位
    2014年9月 48位
    2014年10月 52位
    2014年11月 53位
    2014年12月 54位
    2015年1月 54位
    2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
    2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
    2015年4月 50位
    2015年5月 50位
    2015年6月 52位
    2015年7月 50位
    2015年8月 56位
    2015年9月 58位
    2015年10月 55位
    2015年11月 50位
    2015年12月 53位
    2016年1月 53位
    2016年2月 58位 

    ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00398331-soccerk-socc

    WS000002

    ソースhttp://bit.ly/1QJRfFW
    http://bit.ly/1ZW1qI6
    ベルギーに勝利した親善試合が懐かしい


    【韓国の反応:FIFAランク、サッカー日本代表は58位でアジア4番手に。韓国代表は53位でアジア2番手】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ