こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    プレミアリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「俺に蹴らせろ!」 韓国代表エースがPKキッカーを巡りトットナム同僚と一触即発 指揮官は…[Football ZONE web]

    最終的にPK失敗も「大きな問題にはしない」

     トットナムは2日、プレミアリーグ第7節でマンチェスター・シティをホームに迎え2-0と勝利を収めた。今季公式戦で11戦無敗(10勝1分)だったシティに土をつける会心のパフォーマンスを見せた一方、試合中にMFソン・フンミンとMFエリック・ラメラの間でいざこざが生じていた。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

     前半を2-0で折り返したトットナムは、後半20分にMFデレ・アリがボックス内で倒されPKを獲得。この試合では通常PKキッカーを務めているFWハリー・ケインが負傷で欠場していたため、ラメラが代役として名乗りを上げた。しかし、そこに待ったをかけたのがソン・フンミンだった。

     ボールを手に持ち、ペナルティースポットに向かおうとするラメラの行く手を遮ると、ボールを自分に渡すよう要求。ラメラはそれを断りソンを振り切ろうとするが、なかなか折れることなく、キッカーを巡る抗争で険悪なムードが流れてしまう。最終的にラメラが蹴ることになったが、結果的にPKはシティのGKクラウディオ・ブラーボの好セーブに遭い、失敗に終わった。

     この一連の騒動について、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「どんなチームでも起こることであり、PKは誰でも失敗しうるものだ。分析はするが、大きな問題にはしない」とコメント。勝ち点3を得たことで、このPK失敗が勝負の分かれ目になることがなかったため、指揮官も特別に取り上げることはしないという。もっとも今回と同様のケースが今後生まれた場合、ラメラが一度失敗しているだけに、次こそはソンがPKキッカーを務めることが叶うのかもしれない。


    ソースhttp://ur2.link/yNrT
    決まってたら、どうなったのか

    son1

    son2

    son3
    楽天

    【韓国の反応:韓国代表ソン・フンミン、トッテナムのラメラとPKキッカーを巡り一触即発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    今季リーグ戦無敗対決はトッテナムに軍配! クリーンシートでペップ・シティの連勝をストップ[theWORLD(ザ・ワールド) ]

    セルティック戦から2試合で5失点のシティ

    2日にプレミアリーグ第7節が行われ、トッテナムとマンチェスター・シティが対戦した。今季のリーグ戦では、いまだ黒星のない両チーム。トッテナムはFWハリー・ケインを、シティはMFケビン・デ・ブライネを負傷で欠く中行われた一戦である。

    トッテナムボールでキックオフされると、試合は9分に早くも動く。トッテナムDFダニー・ローズが左サイドからアーリークロスをゴール前へ入れると、シティDFアレクサンダル・コラロフがクリアミス。このボールが自陣ゴールに吸い込まれ、まさかのオウンゴールでトッテナムが先制に成功した。

    一進一退の攻防を見せる両チームだが、37分にトッテナムが追撃に成功する。ペナルティエリア手前からソン・フンミンがゴール前へ走り込んだデル・アリへは絶妙なスルーパスを入れる。このボールをアリがゴール左へ流し込み、リードを2点に広げた。前半はこのまま終了。トッテナムがシティを相手に2-0で試合を折り返した。

    後半に入ると、トッテナムが試合を決定づけるために3点目を狙いに行く。すると、64分にアリがペナルティエリア内でファウルをもらい、PKを得る。しかし、エリック・ラメラが放ったシュートはクラウディオ・ブラーボにセーブされ、トッテナムはリードを広げることができなかった。

    その後、シティが得点を奪うために猛攻を仕掛けるが、トッテナムのゴールネットを揺らすことができずに試合終了のホイッスル。トッテナムが2-0で勝利し、6連勝中だったペップ・シティに初黒星をつけた。

    [スターティングメンバー]
    トッテナム:ロリス、ウォーカー、アレデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ローズ、シソコ(→ダイアー 72)、ワニャマ、エリクセン、アリ(→エンクドゥ 85)、ラメラ、ソン・フンミン(→ヤンセン 90)

    マンチェスター・シティ:ブラーボ、サバレタ、オタメンディ、ストーンズ、コラロフ、フェルナンド(→ギュンドアン 53)、フェルナンジーニョ、ナバス(→イヘアナチョ 65)、シルバ、スターリング(→サネ 87)、アグエロ

    [スコア]
    トッテナム 2-0 マンチェスター・シティ

    [得点者]
    トッテナム:オウンゴール(9)、アリ(37)


    ソースhttp://qq4q.biz/yKt2
    安定してますねー


    sonfu


    楽天

    【韓国の反応:ソン・フンミン、強豪シティ戦でアシスト。トッテナムの勝利を導く。韓国のサッカーファンも大歓喜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「いいぞ、ソン!」「今後の活躍を約束」 ELで2得点のソン・フンミンを英メディアが絶賛[GOAL ]

    トッテナムFWソン・フンミンは、ヨーロッパリーグのカラバフ戦で2ゴールを挙げて逆転勝利に貢献した。この活躍を、イギリスのメディアも称賛している。

    ソン・フンミンの見せ場は、28分に訪れた。1点を追っている状況で、CKに合わせて新天地での初ゴールを記録した。

    韓国代表FWは止まらない。同点弾の2分後には、すぐさま追加点。折り返しを蹴り込み、チームを逆転へと導いた。チームはその後、1点を追加して3-1で勝利している。

    このプレーを、イギリスメディアも称賛している。『インディペンデント』は電子版での試合のレポートに「ソン・フンミン、2得点で今後の活躍を約束」とのタイトルをつけた。『デイリー・メール』も「いいぞ、ソン!」と、電子版のサッカーページトップで大きな写真とともに報じている。

    高級紙『ガーディアン』も試合レポートで、追加点の場面を「称賛すべきレベルだった」と報じている。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も、会見で「プレシーズンの最初から、経験豊富な選手のようにプレーできる18歳のようだった」と、その躍動感と落ち着きの兼備を称えた。

    ソン・フンミンは今夏、3000万ユーロ(約41億点)と言われるアジア人歴代最高額の移籍金で、レヴァークーゼンから加入。今月13日の第5節サンダーランド戦でプレミアリーグデビューを飾っていた。

    (C)Goal.com


    WS000003

    ソースhttp://u777u.info/o1Im

    強烈なミドルシュートが早く見たい


    1ゴール目


    2ゴール目


    【韓国の反応:ソン・フンミン、2ゴール。トッテナムがELカラバフ戦に勝利】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    レスターのバーディー、人種差別的発言を謝罪[AFP=時事]

    【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、レスター・シティ(Leicester City)のジェイミー・バーディー(Jamie Vardy)が9日、自身が人種差別的な発言をした映像が英メディアに報じられたことを受け、謝罪を表明した。

     英大衆紙サン(The Sun)はこの日、カジノ内で先月撮影されたとされる映像を公開。その中でバーディーは、同紙によれば東アジア人の男性に対して、「ジャップ(日本人に対する蔑称)」という言葉をののしるように叫んだ。

     28歳のバーディーは声明で、「私の起こした気分を害する行為について、心から謝罪します。私に全面的な誤りのある、取り返しのつかない過ちで、私に求められる振る舞いではありませんでした」とコメントした。

     タイのスリヴァッダナプラバ(Srivaddhanaprabha)一家がオーナーを務めるレスターは、この件について調査を行うとしている。

    「われわれは選手たちにピッチの内外で最高の水準を求め、地域社会のロールモデルとして手本を示すことを期待しています。ジェイミーの謝罪を忘れることなく、この件について即座に調査を行う見込みです。調査終了まではこれ以上のコメントを行いません」

     レスターは、タイ人女性と乱交騒動を起こし、この女性に対して人種差別的な言葉を浴びせている動画が流出したことを受けて、数週間前に3選手を解雇していた。この選手の中には、前指揮官のナイジェル・ピアソン(Nigel Pearson)氏の息子のジェームス・ピアソン(James Pearson)が含まれていた。

     2012年にノンリーグのフリートウッド・タウン(Fleetwood Town)から加入したバーディーは、昨季5得点を挙げ、5月に行われたアイルランド戦ではイングランド代表デビューを飾った。【翻訳編集】 AFPBB News

    ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000016-jij_afp-socc

    WS000002

    ソース
    http://urx2.nu/n8xg
    http://urx2.nu/n8xh


    好スタートを切ったレスターに悪影響が無いといいのだが・・・岡崎にも





    【韓国の反応:レスター岡崎慎司の同僚ヴァーディーが人種差別的発言を謝罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    本田にイングランド2チームがオファーか エバートンはレギュラー“保証”[デイリースポーツ]

     サッカーのイタリア1部(セリエA)ACミランの日本代表MF本田圭佑について、イングランド・プレミアリーグのトットナムとエバートンが獲得に動くようだと、8日までに英大衆紙デーリー・エクスプレスなどが報じた。

     両チームとも2013年夏に本田にオファーを出していたが、移籍は決まらなかった。エバートンはチームでのレギュラーポジションを“保証”しているという。

     トッテナムは欧州で脚光を浴びられるチームをアピールして、再び獲得に挑戦するようだ。移籍金として400万ユーロ(約5億4000万円)、年俸270万ユーロ(約3億6500万円)の条件を出しているとみられる。


    WS000007

    ソース
    http://urx.nu/n6Ab
    http://urx.nu/n6Ad

    http://urx.nu/n6AL

    英スカイやガゼッタなどが報じれば信憑性はありそうだけど、どうなんだろう・・・
     
    【韓国の反応:本田圭佑にトッテナムとエバートンが関心?】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ