こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    韓国代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    大韓サッカー協会関係者「6月のAマッチでスペイン代表との対決が可能だ」[スポータルコリア]

    以下、記事の要点

    ・ 6月のAマッチは、ヨーロッパ遠征を行う予定。まだ対戦相手は決まっていないが、EURO2016に参加するチームとの試合を計画中


    ・スペインとの試合が浮上。その最初のソースは、「ウィキペディア」。今後の予定試合の欄に、スペイン代表との試合が掲載されていた。「ウィキペディア」は誰でも編集が出来るので、信憑性は低い。

    WS000011


    ・大韓サッカー協会関係者「私たちもウィキペディアで見た。現在、6月のAマッチに向けて接触中だ」。接触中の具体的な国名は明らかにしなかったが、「スペインとの対戦も可能だ」と話した。 

    ソースhttp://sports.media.daum.net/sports/soccer/newsview?newsId=20160212152826767

    WS000010

    ソースhttp://bit.ly/1PSC2BG
    とりあえず、ヨーロッパの国と対戦するのは確かなようです


    サッカー韓国代表ウィキペディア[英語。項目は「Recent results and fixtures」]→https://en.wikipedia.org/wiki/South_Korea_national_football_team#Recent_results_and_fixtures

    サッカースペイン代表ウィキペディア[英語。項目は「Results and fixtures」]
    https://en.wikipedia.org/wiki/Spain_national_football_team#Results_and_fixtures

    楽天


    【韓国の反応:サッカー韓国代表、スペイン代表と6月に親善試合?ウィキペディアに書き込み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本に逆転負けした韓国サッカー代表監督の品格なきビッグマウスに辟易 「次は日本の鼻をへし折る」となお息巻くが…[産経新聞]

     サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU-23アジア選手権で、韓国代表は1月30日の決勝で日本に逆転負け。韓国メディアは「一瞬に崩れた韓国」「骨身にこたえた」などと悲壮感を漂わせた。対戦前に、勝利したら韓国の伝統衣装で会見に臨むと啖呵を切った韓国監督は、リオ五輪で日本との再戦があれば「必ず相手の鼻をへし折る」(朝鮮日報)と語り、品格を疑わせた。決勝で「日本をひざまずかせる」と高飛車だった韓国ネットユーザーも「悔しくて眠れなかった」などとコメントし、韓国中が敗戦ショックにうちひしがれた様子だ。

     韓国は何かと日本を目の敵にする。特にスポーツには愛国心をすり込みやすく、サッカーなどの日本戦ではヒートアップする。2012年ロンドン五輪の3位決定戦では、韓国の選手が日本に勝利した瞬間、「独島は我が領土」と書いた紙を掲げるパフォーマンスを演じ、五輪憲章に抵触するとして懲戒処分を科されたほどだ。

     それだけに、日本戦を前して韓国内は異様な盛り上がりをみせた。1月30日付の朝鮮日報(電子版)によると、韓国協会は日本戦の応援スローガンを「日本は韓国の優勝自販機」に決めた。韓国語の自販の読み方がジャパンであり、これを英語の発音のジャパンと語呂合わせしたようだ。外交関係が微妙な日韓間だけに、このスローガンは微妙な空気を醸し出すのではとヒヤヒヤする。

     さらに、一国の代表チームを率いる監督までもが浮かれていたとしか思えない発言をしている。申台竜監督は「日本戦は自信満々だ」と語ったり、決勝戦で勝利したら韓国の伝統衣装を「着て記者会見に臨む」と発言し、対戦相手へのリスペクト(尊敬)がまるで感じられなかった。

     サッカー関係者がこれだけ日本に対して不遜な言動を取れば、国民もしかり。ネットユーザーは「決勝では日本をひざまずかせ、泣かせてやろう」などのコメントを寄せていた。

     ところが、勝負は下駄を履くまで分からないもの。後半2分まで2-0と優勢だったものが、同22、23分とわずか1分の間に同点とされ、「トイレに行って戻ってきたら2-0から2-2になって、結局、勝負がひっくり返った」と中央日報が男性ファンの言葉を引用して、韓国代表のふがいなさを表現。

     そして、ネットユーザーは「悔しくて眠れなかった」「うぬぼれ」「何だ、この試合は?」などのほか、11年8月11日に札幌ドームで開催された日韓戦で0-3で敗れ“札幌の惨事”と表現された一戦以来の「最悪の結果」と書き込む結果となった。

     上から目線だった申監督は「わずか1%も油断してはいけないことを学んだ」と語った。このチームは、日本と同じく「谷間の世代」と呼ばれ、韓国内では「最弱」とされ、リオ出場権獲得が難しいとみられていたほど。そのうえ、慢性的問題として守備の不安定さが指摘されていただけに慢心によってもたらされた必然の結果といえなくもない。

     それだけに、1月31日に韓国に帰国した申監督が「日本戦での敗北を通じて多くのことを学んだ」と謙虚なところを示しながらも、「リオ五輪本戦で再び韓日戦があるなら、必ず相手の鼻をへし折る」と語ったと朝鮮日報が報じていることには鼻白む思いだ。

     朝鮮日報は決勝の敗戦は「手痛い」としながらも、「肝心なのは8月のリオ五輪本戦だ」と視点を切り替えたことのほうが、よほど賢明であろう。


    WS000008

    ソースhttp://bit.ly/1ZW1qI6
    http://bit.ly/1QJRfFW
    決勝戦から既に1週間


    【韓国の反応:産経新聞「日本代表に逆転負けしたU23韓国代表監督の品格なきビッグマウスに辟易」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    FIFAランク、日本はW杯後最低タイの58位…ベルギーが4カ月トップを維持[SOCCER KING ]

     FIFA(国際サッカー連盟)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。

     日本代表は前回から5つ下げてブラジル・ワールドカップ後最低タイの58位となった。アジア最上位は前回から1つ下げたイランが44位でトップをキープ。2つ下げた韓国は53位でアジア2番手を維持、20上げたサウジアラビアが55位で続き、日本はアジア4番手に下がった。また、UAEが1つ下げて65位、オーストラリアが9つ下げて68位で続いている。

     なお、ロシア・ワールドカップ アジア2次予選で日本と同じグループEの各国は、シリアが前回と変わらず125位、シンガポールが1つ上げて148位、アフガニスタンが1つ下げて154位、カンボジアも2つ下げて183位となった。

     また、6月に開催される「キリンカップサッカー2016」に出場する3カ国は、前回から1つ上げたボスニア・ヘルツェゴヴィナが21位でトップ。2つ上げたデンマークが40位で続き、日本は3番手となっている。3つ下げたブルガリアが75位で4番手となった。

     上位陣では11月以降FIFAランキング1位に立っているベルギーがトップをキープ。それ以下、2位のアルゼンチンから18位のクロアチアまで順位に変動がなかった。

     その他の大陸では、9つ下げた28位のコートジボワールがアフリカ勢のトップ。北中米カリブ海勢は1つ上げて22位になったメキシコが最上位となった。

    ■トップ10
    1位 ベルギー
    2位 アルゼンチン
    3位 スペイン
    4位 ドイツ
    5位 チリ
    6位 ブラジル
    7位 ポルトガル
    8位 コロンビア
    9位 イングランド
    10位 オーストリア

    ■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
    2014年8月 44位
    2014年9月 48位
    2014年10月 52位
    2014年11月 53位
    2014年12月 54位
    2015年1月 54位
    2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
    2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
    2015年4月 50位
    2015年5月 50位
    2015年6月 52位
    2015年7月 50位
    2015年8月 56位
    2015年9月 58位
    2015年10月 55位
    2015年11月 50位
    2015年12月 53位
    2016年1月 53位
    2016年2月 58位 

    ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00398331-soccerk-socc

    WS000002

    ソースhttp://bit.ly/1QJRfFW
    http://bit.ly/1ZW1qI6
    ベルギーに勝利した親善試合が懐かしい


    【韓国の反応:FIFAランク、サッカー日本代表は58位でアジア4番手に。韓国代表は53位でアジア2番手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    キ・ソンヨン(スウォンジー)、軽い脳しんとう… クラブ側「大きな問題はない」[WoW!Korea]

     サッカー韓国代表でスウォンジー・シティAFC所属のキ・ソンヨン(27)が脳しんとうの症状で検査した結果、状態は軽いことがわかった。

     キ・ソンヨンは3日(日本時間)、英国ウェスト・ブロムウィッチで開かれたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCとの2015-16イングランド・プレミアリーグ第24節に先発出場したが、前半終了直前、頭部負傷によりピッチを去った。

     スウォンジーは試合中、キ・ソンヨンの負傷部位を検査。その後、クラブ公式SNSを通して「キ・ソンヨンの頭部負傷は、軽い脳しんとうだった。大きな問題はない」と明らかにした。

     一方、スウォンジーは1-1の引き分けで試合を終えた。


    WS000001

    sonyon
    ソースhttp://bit.ly/1QJRfFW
    http://bit.ly/1Ksk9ZS
    脳震盪は怖い。早く良くなってください




    【韓国の反応:韓国代表キ・ソンヨン、軽い脳震盪も・・・クラブ側「脳に大きな問題は無し」。WBA戦で負傷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    (朝鮮日報日本語版) 日本に逆転負けのU23韓国代表監督「5-0で勝ちたくて色気を出した」

      「それなりによく食べ、よく寝たのに、体重が2キログラム落ちました。このまま私のサッカー人生が終わるかもしれない大会だったじゃないですか。ああ、本当につらかった」

     男子サッカー8回連続五輪出場を決めて帰国した申台竜(イン・テヨン)監督(45)に2日、ソウル市鍾路区のサッカー会館前にあるカフェで会った。申監督が率いた韓国代表チームはカタールのドーハで行われた2016アジア・サッカー連盟23歳以下選手権(AFC U-23)で準優勝し、3位までに与えられる五輪本大会行きのチケットを手にした。申監督は「ヨルダンとの準々決勝で負けて五輪出場に失敗したら、スタジアムからホテルまで数時間歩いて帰り、私のサッカー人生を整理しようと思いました。代表チームのコーチング・スタッフの座からも降りていたでしょう」と語った。

     五輪出場という第1の目標は達成したが、申監督は笑ってばかりはいられない状況だ。宿敵・日本との決勝戦では2-3と痛恨の逆転負けを喫したからだ。申監督は「日本戦はまるで幽霊に取りつかれたかのようでした」と言った。

     「2-0でリードした状況でゴールを許した後、選手たちを励ましました。そして、ベンチに行って水を一口飲み、戻ったら日本がまたゴールを入れていた。そう、短時間に2ゴールを喫したのはサッカー人生で初めてです。その後は水も飲まずに試合を見ていましたが、もう1ゴール決められてしまって。韓日戦でなかったら、2点目を入れた後にDFに重点を置いて守りに入っていたでしょう」。しかし、攻撃の手を緩めなかった韓国は逆に後半15分で3点を次々と許してしまった。「正直言って欲が出ました。4-0、5-0にできると思っていたんです。日本の鼻をへし折りたかったから。私は血が煮えたぎり、『FWは前へ』と叫びました」

     試合が終わってロッカールームに入ると、ほとんどの選手がうな垂れて苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。申監督は彼らに「ありがとう。これから、このようなミスを再びしてはならない。まず私が反省する」と言った。

     そして、自身の過ちを振り返り、手帳に「情に流されるな」とメモしたそうだ。日本戦で申監督は1人の選手を前半20分で早々に交代させようとした。「プレッシャーから顔色が悪くなっていました。交代させようとしたけれども、これまでその選手が一生懸命やって来たことを思い出し、そのままにしました。結果は裏目に出ました。監督は冷静でなければならないという痛い教訓になりました」
     
     今回の大会では、DFの不安が最も大きな問題だった。「DF個人の実力をもっと伸ばさなければなりません。何よりも所属チームで着実にプレーして試合感覚を磨くのが重要だと思います。これからが果てない競争です」。申監督はDFの強化のため、最大3枚まで使えるワイルドカード(24歳以上の選手)を積極的に活用する考えだ。「兵役かどうかに関係なく、チームに最も必要な選手をワイルドカードとして選びます」と語った。

     U23韓国代表は守備では弱点を露呈したが、攻撃では組織的なパスプレーで合格点を取った。特に最年少のFWファン・ヒチャン(20)は猛烈な突破と決定的なアシストで深い印象を残した。「私のあだ名は『できるヤツ』だけど、ファン・ヒチャンも本当に『できるヤツ』です。若いのにあんなによくやれるとは思いませんでした。近い将来、韓国を代表するストライカーに成長する選手でしょう」

     試合ごとに相手に応じてフォーメーションを変える「七変化戦術」はリオデジャネイロ五輪を控えた申監督の武器だ。「今回の大会で使ったCK戦術の一つは、昨年の東アジア杯で北朝鮮の女子代表がしたのをまねたものです。カタールとの準決勝での3バッグ(最終DFを3人にする戦術)は、コパ・アメリカで優勝したチリの戦術を参考にしました。良いことは学ばなければね」

     申監督は韓日戦前に「勝ったら韓服(韓国の伝統衣装)を着て授賞式に行く」と公約していた。申監督の知人がカタールに送った韓服は、朝鮮時代の王が外出する時に着たものだった。しかし、その韓服は日本戦の負けで日の目を見ていない。リオ五輪にも韓服を持っていくのか聞いてみた。すると、「もうそんなことはしません。自重しなければ。キムチスープも飲まないで念入りに準備するでしょう。冷静な勝負師になります」と答えた。


    sinteyon

    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    http://bit.ly/20GcPOn
    これまた衝撃的

     
    【韓国の反応:U23韓国代表監督「5-0にできると思った。私は血が煮えたぎり、『FWは前へ』と叫んだ」と日本代表戦を振り返る】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ