こりさか

韓国の反応ブログです。主にサッカーを扱います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    韓国代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    (朝鮮日報日本語版) サッカーU23韓国代表監督「次は必ず日本の鼻をへし折る」

      31日(韓国時間)、カタール・ドーハで行われた韓国と日本の2016アジア・サッカー連盟23歳以下選手権(AFC U-23)決勝戦は、ユースを除く成人レベル(A代表+23歳以下代表)で行った歴代92回目のサッカー韓日戦だった。

     これまで数多くの名勝負があったが、サッカーで一番面白いという「ペレ・スコア(3-2)」は一度あった。1994年の広島アジア大会準々決勝で、韓国は当時、黄善洪(ファン・ソンホン)の2ゴールもあり、ホームだった日本に3-2で快勝した。

     それから22年ぶりに飛び出した3-2のスコア。今度は日本の勝利だった。韓国は日本との決勝戦、前半20分クォン・チャンフン=水原=の右足ボレーと後半2分チン・ソンウク=仁川=の左足ターニングシュートで勢いづいたが、それ以降相次いで3得点を許し、むなしく2-3の逆転負けを喫した。この敗戦により韓国の五輪アジア最終予選無敗記録も「34」でストップした。

     韓国サポーターたちはこの結果を「ドーハ・ショック」と呼んだ。ネットには「札幌惨事(11年の韓日A代表親善試合で0-3の大敗を喫した出来事)以来、最悪の結果」「悔しくて眠れなかった」という書き込みがあふれた。韓国五輪代表が日本に敗れたのは09年12月の親善試合以来、約6年ぶりだ。

     韓日戦の負けは手痛いが、肝心なのは8月のリオデジャネイロ五輪本選だ。8回連続五輪出場を決め、第1の目標を達成した韓国は、今大会で明らかになった問題点を解消しなければならない。

     韓国はまるでジェットコースターに乗ったように競技力の波が激しかった。この決勝戦でも前半はもちろんのこと、後半でも日本を圧倒していた。

     韓国はチン・ソンウクの2点目が決まった後も、巧みなパスプレーを前面に押し出し、日本を激しく追い詰めた。しかし、90分間一定の競技力を維持する体力面の備えが不十分だった。
     
     日本の手倉森誠監督は後半15分の0-2とリードされた場面で、スピードに優れた浅野拓磨を投入した。逆襲を狙っての選手交代だった。浅野は後半21分に日本の初ゴールを入れ、その2分後に矢島慎也が同点ゴールを決めた。さらに浅野は同36分に逆転ゴールを記録した。韓国は体力が落ちて集中力を失った状態で、日本の逆襲にきちんと対応できなかった。韓国の最初の交代は後半32分で、対処が後手に回っていた。

     この間、韓国はピッチで中心になってチームを引っ張るリーダーもいなかった。韓国サッカーは12年のロンドン五輪(銅メダル)時には国際試合の経験が豊かだった奇誠庸(キ・ソンヨン)と具滋哲(ク・ジャチョル)がいた。14年の仁川アジア大会(金メダル)時にはワイルドカード(24歳以上の選手)の朴柱昊(パク・チュホ)がピッチで指揮官役をした。申台竜(イン・テヨン)監督も試合後、「日本戦は一気に崩れてしまった試合だった。(チームが)揺らぎ始めた時に仲間をリードできる選手が必要だ」と言った。

     リオ五輪では最大3枚まで使えるワイルドカードがカギとなるだろう。今大会ずっと守備面で不安を露出していた韓国としては、経験豊富なDFをワイルドカードに使う可能性が高い。代表DFの洪正好(ホン・ジョンホ、26)=FCアウグスブルク=、金英権(キム・ヨングォン、25)=広州恒大=、郭泰輝(クァク・テフィ、34)=アル・ヒラル=、ユン・ヨンソン=城南=などが候補に挙げられている。ストライカーではソン・フンミン(23)=トッテナム=と石鉉俊(ソク・ヒョンジュン、24)=FCポルト=のリオ行きも可能性がある。

     31日に選手団と共に仁川国際空港に到着した申台竜監督は「日本戦での敗北を通じて多くのことを学んだ。リオ五輪本選で再び韓日戦があるなら、必ず相手の鼻をへし折る」と語った。


    WS000003

    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    怖い

     
    【韓国の反応:U23韓国代表監督「リオ五輪で日本代表と対戦するなら、次は必ず日本の鼻をへし折る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    WS000012

    ソースhttp://bit.ly/1JRAUxy

    WS000013

    ソースhttp://bit.ly/1UzQ0Z8

    WS000014

    ソースhttp://bit.ly/20fPQwM
    日本代表の記者会見は23時からです

    【韓国の反応:サッカー韓国代表が帰国も笑顔は無し。日本代表戦の敗戦を謝罪?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「守備の改善なくして『ロンドンの成功』の再現なし」[スポーツ朝鮮]

    以下、記事の要点

    ・時限爆弾だった守備の問題が韓日戦で爆発した。

    ・韓日戦も守備が足を引っ張った。今大会を通じて、守備がシン・テヨン韓国代表を苦しめた。

    ・シン・テヨン監督はカタールとの準決勝で変則的な3バックを用いて危機を乗り越えた。日本戦は4-2-3-1を使用したが、選手の集中力の欠如によって崩壊した。

    ・3失点全てが守備のミスによるもの。

    ・日本は韓国の右サイドを執拗に狙った。攻撃に比べて守備が弱い右サイドバックのイ・スルチャンがターゲットだった。前半は1列前のクォン・チャンフンのカバーによって、ある程度対処できた。しかし、体力が落ちたことで、イ・スルチャンの守備力が明るみになった。

    ・CBの守備も問題だった。ソン・ジュフンとヨン・ジェミンは全ての失点シーンで日本のFWをフリーにさせてしまった。さらに、最後の逆転ゴールでは、フィジカルでも負けた。

    ・シン・テヨン監督はチョン・スンヒョンを投入して、守備を立て直そうとしたが、時すでに遅し。

    ・韓国は、大会を通して攻撃は良かったものの、守備の問題が露呈した。リオ五輪でロンドン神話を再現するためには、守備の改善が急務。解決すべき課題が一つや二つだけではない。

    ソースhttp://sports.media.daum.net/sports/soccer/newsview?newsId=20160131015138279

    WS000009

    浅野が、かき乱してくれました


    【韓国の反応:日韓戦:韓国メディア「守備の改善なくして『ロンドンの成功』の再現なし」、と日本代表戦を振り返る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    korea

    前記事の続き

    ソースhttp://bit.ly/1KifucO


    【韓国の反応:その②:U23サッカー日本代表、韓国代表に逆転勝利で優勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    U23久保裕也、植田直通らスタメン 決勝韓国戦[日刊スポーツ]

     <リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本-韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

     リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権の決勝、日本-韓国戦(日本時間午後11時45分キックオフ)の先発メンバーが発表された。

     手倉森誠監督(48)は準決勝イラク戦から先発4人を入れ替えた。会場はカタール・ドーハ市内のアブドゥラ・ビン・ハリファ・スタジアム。システムは4-4-2。

     【GK】櫛引政敏(鹿島)

     【DF】岩波拓也(神戸)植田直通(鹿島)山中亮輔(柏)室屋成(明大)

     【MF】遠藤航(浦和)大島僚太(川崎F)中島翔哉(東京)矢島慎也(岡山)

     【FW】久保裕也(ヤングボーイズ)オナイウ阿道(千葉)


    WS000006

    韓国代表スタメン
    GK キム・ドンジュン
    DF シム・サンミン、イ・スルチャン、ソン・ジュフン、ヨン・ジェミン
    MF パク・ヨンウ、イ・チャンミン
    MF ムン・チャンジン、ユ・ソンウ、クォン・チャンフン
    FW ジン・ソンウク

    ソースhttp://bit.ly/1ShbP04
    頑張れ~!

     
    【韓国の反応:U23決勝、日韓戦のスタメン発表。韓国は4-2-3-1の布陣か。日本代表は久保裕也とオナイウ阿道の2トップ】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ